공지사항

  • twitter facebook me2day 요즘
  • 김승호 | 2017.11.15 11:12 | 조회 154

    http://globe.asahi.com/feature/side/2017101100004.html

           TOP

                                 
                
    TOPへ                             
                
    RSS            
                            

    壁がつくる世界            

                

    戦争が作り出した「野生生物の宝庫」

    朝鮮半島の非武装地帯(DMZ)



    8月中旬、米大統領のトランプと北朝鮮当局が、「すわ戦争か」と思えるほど過激な言葉を交わしていたころ。朝鮮半島の非武装地帯(DMZ)に接する韓国・坡州市の焼き肉店で、「DMZ生態研究所」のメンバーたちが定期調査を終え、陽気にパーティーを開いていた。


    「今日の調査では池でタガメを見つけた。一緒に行った高校生は、とても珍しいカエルも観察できた。絶滅危惧種に出あった日は、こんなふうに、いつも焼き肉パーティーを開くんですよ」。研究所代表のキム・スンホ(56)が説明してくれた。


    DMZ近くの池で見つかったタガメ(DMZ生態研究所提供)


    韓国環境省の報告書には、こんなデータが記されている。「DMZ一帯は国土面積の1.6%にすぎないが、半島で確認された生物の20%が棲んでいる。絶滅危惧種だけをみれば全体の約4割、なかでも鳥類は約7割に達する」。ジャコウジカ、クロツラヘラサギ、カエルの一種など、絶滅危惧の91種の生息がDMZ一帯で確認されている。


    DMZ一帯は、兵士や地雷原といった「壁」に行く手を阻まれ、60年以上も人が自由に足を踏み入れることができない場所だ。そのため、ここには多くの希少生物が棲んでいる。戦争が生み出した「野生生物の宝庫」といえる。


    DMZに近い田んぼで羽を休める渡り鳥(朝日新聞)

    DMZの生態系というと、見た目が華麗なツルなどが注目されがちだが、キムをはじめとした研究所のメンバーたちは現在、水棲生物の調査に力を入れている。DMZ一帯は農地が現代式に開発されなかったため、自然の池が多く残っており、昔ながらの多様な生態系を保っているという。


    キムは言う。「アジアの他の国々ではあまり見られなくなった生物も、ここにはたくさんいる。特に水棲生物は目に見えにくいので、まだまだ発見できていない生物はたくさんいるはずです」


    DMZ一帯には手つかずの自然が残っている(DMZ生態研究所提供)

    ただ、そんな生物の宝庫にも、外来の植物が入ってきているのだという。例えば、もみじの木でも、在来種ではなく、北米産の種を調査で見かけることが多くなった。DMZ一帯に訓練で入った米軍兵士の靴や車両のタイヤについた土などに、種が混じっていた可能性がある。


    キム自身は、1990年代に坡州市で働き始めてからDMZの自然の豊かさに気づき、2000年に研究所をつくった。軍から特別に通行証を受け取り、ほぼ週に1回、DMZ一帯の調査に入り、動植物のデータを集め続けている。一緒に調査にあたる人たちは、専門の研究者ではなく、一般の市民たちだ。


    DMZ生態研究所所長のキム・スンホ


    キムの父親は北朝鮮に故郷を持つ「失郷民」だ。朝鮮戦争で韓国側に逃げて来てそのまま住むようになり、韓国で一生を終えた。DMZという壁の向こう側の北朝鮮には、おじやおばが今も住んでいる。「個人的にみれば、DMZという存在は他人事ではない。私の家族史なのです」とキムは語る。


    DMZとは冷戦時代の名残だ。そして冷戦が終わった後も、国々のパワーゲームの結果として維持されているものでもある。「今も戦争が起きるかもしれないという緊張状態にありますが、生き物たちの姿はまったく変わりません。DMZは戦争の結果として作り出されたものですが、ここよりも条件のいい『自然保護区域』は世界のどこにもないといえる。逆説的ですけれど……」


    フェンスの向こう側はDMZ。警備は厳重だ(神谷毅撮影)

    戦争でできたDMZという「壁」が、長い時間をへて野生生物の宝庫をつくり出した皮肉。断絶の時間のなかで、生命が持続するという矛盾。


    キムは、そんな構図を頭に描きながら、誰も足を踏み入れたことのないDMZの豊かな自然を目の前にするたび、こんな思いにかられるのだと語ってくれた。


    「悲しいけれど美しく、美しいけれど悲しいのです」


    (GLOBE副編集長 神谷毅)

    (敬称略)

    수정 답변 삭제 목록
    236개(1/12페이지)
    참여마당 공지사항
    번호 제목 작성자 작성일 조회
    공지 DMZ생태학교 환경부 교육인증 획득첨부파일 관리자 2015.09.11 11009
    공지 [한국인터넷진흥원] 2013년 3분기 청소년권장사이트 선정사진첨부파일 김승호 2013.10.16 22021
    234 <대지를 꿈꾸며 (Dreaming of Ea..첨부파일 김승호 2017.11.21 122
    >> 일본 asahi신문사진 김승호 2017.11.15 155
    232 제7회 청소년논문대회 본선진출자 명단 관리자 2017.08.25 2305
    231 『제 7회 DMZ 청소년포럼』최종논문 제출 안내문..첨부파일[1] 관리자 2017.08.25 1958
    230 2017 DMZ청소년탐사대 하계캠프 김승호 2017.07.09 845
    229 "DMZ 청소년포럼" 제7회 청소년환경논문대회 ..첨부파일 관리자 2017.04.21 4674
    228 DMZ청소년 탐사대 11기를 모집합니다.[1] 관리자 2017.03.22 1616
    227 한강하구습지 람사르 습지등재촉구 서명 활동 계획 김승호 2017.02.01 1417
    226 2016 제6회 청소년환경논문대회 입상자발표 관리자 2016.11.21 2122
    225 DMZ생물다양성 보전네트워크 협정서사진첨부파일 관리자 2016.11.14 4417
    224 제6회 DMZ 청소년 포럼 청소년 환경논문 발.. 관리자 2016.11.03 2037
    223 제2차 한강하구 습지포럼 개최계획 김승호 2016.09.02 1703
    222 연천DMZ생태학교 생태기행 프로그램사진첨부파일 관리자 2016.08.27 1866
    221 제6회 DMZ청소년포럼 환경논문발표 본선 진출자 .. 김승호 2016.08.26 3186
    220 람사르인증도시 신청을 위한 주민협의회개최사진첨부파일 김승호 2016.06.23 1779
    219 국가생물다양성기관연합 가입 승인 관리자 2016.05.19 1785
    218 "제 6회 DMZ 청소년포럼" 청소년논문대회 ..사진첨부파일[1] 관리자 2016.04.26 5381
    217 청소년탐사대 10기 면접합격자 발표와 관련하여 김승호 2016.04.09 2182
    216 제1차 한강하구 습지포럼 개최계획사진첨부파일 김승호 2016.04.06 2071
    215 습지보호지역 주민역량강화사업(한강하구_파주)오금리..사진첨부파일 김승호 2016.03.30 1966
    다음 글쓰기새로고침